Business
事業紹介

クラシコムは、「フィットする暮らし、つくろう」というコンセプトで束ねられた「北欧、暮らしの道具店」の運営を主要事業としています。

「北欧、暮らしの道具店」は、雑貨・アパレルなどを販売するECの側面と、WEB記事、映像、ラジオなどのコンテンツを配信するメディアという二つの側面を持ったECメディアです。

同じ価値観を共有するユーザーに支えられているという強みを活かして、2015年よりスタートした企業とのタイアップ事業も順調に成長しており、「自由」「平和」「希望」をビジョンとして、常に新たなビジネスのあり方への挑戦を続けています。

北欧、暮らしの道具店

  • ECメディア事業について

ほかの誰かではなく、自分のモノサシで満足できる暮らしを目指して

2007年、北欧のヴィンテージ雑貨の取り扱いから「北欧、暮らしの道具店」はスタートしました。現在は、北欧のライフスタイルにインスパイアされた私たちが、「フィットする暮らし」を見つけるためのヒントになるような商品を国内外からセレクトしてご紹介しています。

▶︎参考記事 「店長佐藤からお客さまへのご挨拶

また、2015年には「日常のなかに、ひとさじの非日常を」というコンセプトで、オリジナルブランド「KURASHI&Trips PUBLISHING」を立ち上げました。累計1万本を販売した季節始めのボトムスなど、セレクト商品だけではない私たちならではの商品展開ができるよう、日々企画開発を進めています。

▶︎参考記事 「オリジナルブランドを作った理由は?

価値観を共有するユーザーとの濃いコミュニケーション

「北欧、暮らしの道具店」の最大の特徴は、月に約100本の記事を公開し、月間150万人が訪れる「メディア」であり、さらにその価値観を共有するユーザーと複数のコミュニケーションチャネルを維持している点にあります。毎日のメールマガジンやInstagram・LINEをはじめとするSNS配信、そして近年ではYoutubeなどの映像やラジオ配信を通して、お客さまの日々の暮らしによりそう形でコンテンツをお届けしています。

 

スマートフォンアプリで独自のプラットフォームを構築

WEB記事・映像・ラジオなど複数のコンテンツをシームレスに体験することができる独自のプラットフォームをつくるため、スマートフォンアプリを公開いたしました。

  • タイアップ事業について

ECメディア運営の知見を企業マーケティングへ

継続的に月間150万人の集客ができているというECメディアの強みを活かし、2015年から企業とのタイアップ事業「BRANDNOTE PROGRAM」を開始しました。Web記事、タイアップ動画、オリジナル小冊子の制作、コラボ商品の制作など、クライアントのブランド価値と「北欧、暮らしの道具店」の世界観・編集ノウハウをかけ合わせて、これまでに100社以上の企業様とお取り組みをしております。

 

  • 今後の展開

コンテンツIPで新たなビジネスの開拓へ

近年では「青葉家のテーブル」(主演:西田尚美)「ひとりごとエプロン」(主演:松本妃代)といったドラマ、ドキュメンタリー「うんともすんとも日和」など、映像作品を中心にIPビジネスの可能性も探っています。その中で「青葉家のテーブル」は2019年春に企業とのタイアップ作品を公開、2021年春公開を目指して劇場映画製作を進めております。


■沿革

2006年9月 クラシコム創業
2007年9月 「北欧、暮らしの道具店」開店。北欧ヴィンテージの雑貨販売開始。
2008年8月 北欧雑貨の現行品販売開始
2012年9月 北欧以外の商品販売開始
2015年6月 オリジナルブランド「KURASHI&Trips PUBLISHING」スタート
2015年7月 タイアッププログラム「BRANDNOTE」スタート
2018年4月 短編ドラマ「青葉家のテーブル」公開
2019年11月 スマートフォンアプリ公開

プレスリリース

▲売上の推移


▲代表 青木(左)と店長 佐藤(右)
社史「代表×店長が振り返る、クラシコムの歩み」もご覧ください。


採用情報
会社概要