【11/9オンライン開催】大企業のブランドマーケター必見!パーパスドリブンとD2Cの関係性

書き手 クラシコム 高山

【11/9オンライン開催】大企業のブランドマーケター必見!パーパスドリブンとD2Cの関係性

各業界のトップマーケターをお招きし、マーケティングやブランドについての考え方を議論するクラシコムサロン。

14回目となる今回は、ゲストにクー・マーケティング・カンパニーの音部大輔さんとMoonshotの菅原健一さんをお招きし、クラシコムの青木耕平を交えて「ブランドパーパス・D2C」をテーマに開催いたします。

いま注目されているこの2つのキーワードはバラバラで語られることも多いなか、実はとても密接な関係性があり、これからの時代におけるブランドマーケティングでは欠かせない要素になってくると考えます。

また、様々なマスブランドのマーケティングを統括されてきた音部さんは「マスブランドにとってもD2Cは大きな可能性がある」とおっしゃっており、その真意について深掘っていきます。

イベントの後半では質疑応答の時間を設け、参加者からの質問に対してその場で登壇者に回答いただきます。

どうぞお見逃しなく!

こういったことを話します

・大手メーカーがD2Cへ向かう理由とは?
・小売を通じず直接顧客とつながる利点とは?
・パーパスがないとブランドは選ばれないのか?

こんな方におすすめです

・ブランドのマーケティングを統括されている(CMO・ブランドマネージャー)
・ブランドにとってパーパスはどのような価値があるかを知りたい
・担当されているブランドのパーパスをどう伝えていくか悩んでいる
・大手メーカーでブランドマーケティングを担当しているがD2Cのあり方に興味がある

開催概要

日時:2020年11月9日(月)17:30~19:00
形式:Zoomによるオンライン配信
費用:無料(先着申し込み順)
※定員数に達し次第受付終了となります。
主催:株式会社クラシコム

申し込み:こちらのページよりお申し込みください。

 

登壇者プロフィール


(写真左)
株式会社クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役
音部大輔氏
P&Gで市場創造やシェアの回復を実現したのち、US本社チームでイノベーションプロジェクトを主導。帰国後、ダノンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日産自動車、資生堂で、マーケティング担当副社長やCMOとしてマーケティング組織構築やブランド強化を指揮。2018年1月より現職。国内外のFMCG、輸送機器、教育、エンターテイメント、広告代理店、マーケティングサービスなどのクライアントにマーケティング組織強化やブランド構築といった”CMOシェアリング”サービスを提供。博士(経営学 神戸大学)。日本マーケティング学会 理事。日経BPマーケター・オブ・ザ・イヤー、日経B-to-Bマーケティングアワード審査員。著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』(宣伝会議)、『マーケティングプロフェッショナルの視点』(日経BP)がある。

(写真中央)
株式会社クラシコム 代表取締役
青木耕平氏
2006年、実妹である佐藤と株式会社クラシコム共同創業。2007年より北欧雑貨のECサイト「北欧、暮らしの道具店」を開業。現在では「フィットする暮らし、つくろう。」をコンセプトに、北欧に限らず国内外のアイテムをセレクト販売しながらオリジナル商品を開発。さらにECメディアとして、Web記事・動画・ラジオなどのコンテンツを配信し、企業とのタイアップ広告を行うなど、多岐に渡ってライフスタイル事業を展開中。

(写真右)
株式会社Moonshot 代表取締役
菅原健一氏
企業の10倍成長のためのアドバイザー業を創業。社会や企業内に存在する「難しい問題を解く」専門家。グローバル企業含めクライアント10社、エンジェル投資先20社の計30社のプロジェクトを並行して進めている。過去に取締役 CMO で参画した企業を KDDI子会社へ売却、そのまま経営を継続して売り上げ数百億円規模へ成長させる。スマートニュースを経て現職。20代のマーケター600人が参加する「#20代マーケピザ」を主催。

Recommend

Related