【タイアップ事例】キリンビール様「一番搾り」とのお取り組みが公開されました

書き手 クラシコム 高山

【タイアップ事例】キリンビール様「一番搾り」とのお取り組みが公開されました

– BRAND NOTEの実績紹介 –

BRAND NOTEとは、「北欧、暮らしの道具店」の世界観や文脈を通して、企業様の商品・サービスと読者のみなさんを結ぶタイアッププログラムです。

クライアント
キリンビール株式会社様

記事配信日
2015年12月14日(月)/15日(火)/16日(水)

記事のねらい
「しあわせを提供したい」という「一番搾り」の思いを伝えたいという目的のもと、BRAND NOTEでお取り組みしました。
「一番搾り」に込められた「今日も、しあわせ。」というブランドメッセージが、読者のみなさんにきっと共感してもらえるメッセージであると思い、製法などの機能的価値ではなく、あえて情緒的価値を強めるコンテンツにしました。

記事では「日常にあるささやかなしあわせ」と「ちょっとした非日常なシーンにあるしあわせ」を紹介し、それぞれのしあわせのシーンに「一番搾り」はぴったりなビールであると認識してもらえるように設計しました。

読者の方からも「『一番搾り』にこんな素敵なメッセージが込められているなんて知らなかったです!」「早速、旦那と一緒に飲みます」などブランドとのエンゲージメントが醸成されることが見てとれました。

■タイアップ記事
第1話:意識するだけできっと見つかる。今日のささやかな「しあわせ」。

■Marketzineに取材していただきました
広告は、決して嫌われるものではない 「北欧、暮らしの道具店」×「一番搾り」コラボ成功のカギ

 

brandnote_a_31-1

Recommend

Related