【タイアップ事例】石見銀山生活文化研究所様とのお取り組みが公開されました

書き手 クラシコム 高山

【タイアップ事例】石見銀山生活文化研究所様とのお取り組みが公開されました

– BRAND NOTEの実績紹介 –

BRAND NOTEとは、「北欧、暮らしの道具店」の世界観や文脈を通して、企業様の商品・サービスと読者のみなさんを結ぶタイアッププログラムです。

クライアント
株式会社 石見銀山生活文化研究所

記事配信日
2016年3月7日(月)/8日(火)/9日(水)

記事のねらい
島根県太田市大森町、人口400人ほどの町に拠点を置く、石見銀山生活文化研究所。ファッション・宿泊施設・飲食店・スキンケア用品や発酵食品など、衣食住すべてを手掛けるライフスタイルブランド「群言堂」を全国へと展開しています。そんな群言堂の価値観に共感いただける30代〜40代の認知獲得と深いブランド理解を目的として、BRAND NOTEのお取り組みをいたしました。

群言堂の根底には「根のある暮らし」という考え方・価値観があります。それを知ることが、深いブランド理解につながると考え、クラシコムスタッフ数名が島根県まで足を運び、宿に泊まり、食事を共にし、社員のみなさんとお話をするなかで、私たちなりに「根のある暮らし」を紐解いていきました。

結果として、その考え方・生き方は多くの読者の方々の心に響き、アンケートでもこれまでにない熱量のコメントをが多数寄せられ、群言堂サイトへも多くの方が遷移して、より詳しい情報に触れて頂くことができました。

記事はこちらよりご覧いただけます。

 

brandnote_a_31-1

Recommend

Related